脱毛の種類と脱毛する前の注意点

脱毛の種類は、大きく分けて3つあります。一つ目はレーザー脱毛。これは毛根にレーザーを当て、毛を作っている細胞を破壊する方法です。毛母細胞、毛乳頭を効率よく破壊できるので、高い脱毛効果を得ることが出来ます。ただし、医療脱毛ができるのは医療機関のみなので、サロンではなくクリニックに行くことになります。 二つ目はフラッシュ脱毛。これは肌全体に光を当て、光が毛根のメラニンを察知して毛根を破壊する方法です。サロンで行われている脱毛のほとんどがこのフラッシュ脱毛です。 最後はニードル脱毛。これは一昔前まで主流になっていました。毛穴に針を差し込み、電流を流して毛根を破壊する方法です。チクッとした痛みがあることや時間がかかるなどの理由からあまり好まれていませんが、1本ずつ丁寧な施術を受けたい場合にニードルを希望する人もいます。 サロンで光脱毛を受ける前にしてはいけないことについてお話します。ひとつめは日焼け。日焼けなどで肌がダメージを受けていると、脱毛器を当てた時に肌がヒリヒリしたり赤くなったりしてしまうことがあります。それだけでなく、日焼けして肌が黒くなっていると、脱毛器が毛穴のメラニンをうまくキャッチできず、脱毛効果が下がってしまうことがあるんですね。 二つ目に避けたいのは乾燥です。肌が乾燥していると脱毛する際ダメージを受けやすくなります。脱毛の前にはよく保湿しておきましょう。 3つ目に避けたいのはカミソリ負けです。カミソリ負けしている箇所は脱毛してもらえません。脱毛前のシェービングは傷をつけないように気をつけましょう。特に敏感な部分、ビキニライン脱毛をする場合は要注意です。 その他、脱毛前の予防接種も避けたいですね。予防接種のせいで発熱していると、施術を断られることがあります。

脱毛の前に毛の処理をしていくのはなぜか

ニードル脱毛が主流だった一昔前は、脱毛前にはムダ毛を伸ばしていくのが常識でした。でも最近では、脱毛サロンに行く前に毛を剃って行くのが普通になりましたね。ところで、脱毛の前に毛の処理をしていくのはなぜか、疑問が浮かびますね。 それは、サロンで使われている脱毛器の設計と関係があります。サロンで主流になっているのはフラッシュ脱毛器。肌全体に光を当て、毛根のメラニンに反応して毛根を破壊する仕組みになっています。 ところが、ムダ毛が長くなっていると脱毛器がうまく反応できず、脱毛効果が落ちてしまうんですね。脱毛に最も適したムダ毛の長さは1~2ミリです。ですから、脱毛する2日か3日前に剃るとちょうどいい感じになりますね。

脱毛の流れ

初めてサロンで脱毛する前に、かるく脱毛の流れを追っておきましょう。まずカウンセリングの予約を取ります。最初はムダ毛の処理をしていく必要はありません。カウンセリングは無料ですし、特別必要な準備はありません。 前もって脱毛したい範囲と程度、金額の上限を決めておきましょう。カウンセリング時にお得なコースやアドバイスを受けますが、迷ってしまったらまずは帰宅し、ゆっくり考えるのもいいでしょう。脱毛の範囲やコースを決めたらテスト照射を受けます。ここまでは無料なことがほとんどです。 実際に施術に入ります。あらかじめシェービングしてあれば、施術着に着替えてベッドに横になり、施術がはじまります。部位にもよりますが、20分ほどで終わります。

脱毛はどうして値段に差があるの?

サロンの価格表示を見ていると、価格の差がありすぎて驚きますね。それで効果について調べてみると、たいした差はなかったり、まるっきり同じ脱毛器を使っていたり…。では脱毛は、なんで値段に差があるの?全身脱毛サロンランキング.netでもこんな口コミが多く寄せられているようです。
理由はいくつかありますが、まず考えられるのはサービス内容の違いです。同じく全身永久脱毛でも、あるサロンは4回コースとして設定しているかもしれませんが、また別のサロンは無期限、回数も無制限という条件になっています。もちろん回数無制限の方が高くなるに決まっていますね。 別の理由はコストにどれだけ費用をかけているかです。単純に脱毛のみを行っているサロンの場合、内装はシンプルで価格も安い傾向にあります。逆にリラクゼーションに力を入れているサロンの場合、内装にお金がかかっているので施術費が高くなります。自分がサロンに何を求めるかで通うサロンを決めましょう。

VIOライン脱毛の脱毛の方法と手順

VIOライン脱毛の方法は、まず施術の前に、自己処理が必ず必要です。 Vラインの場合、自分で決めた形にVラインを整える必要があります。全ての毛を無くしてしまう人の場合は、事前に全て剃っておかなければなりませんし、毛を残す場合でも約1cm程度の長さまで毛を切りそろえなければなりません。 VIOライン脱毛の場合、安いサロンではこの自己処理の方法が悪いと別料金を取られることが非常に多いので、事前に入念に行うことが必要です。Iライン、Oラインの場合は、完全に毛を剃った状態にしておく必要があります。長い剃り残しの毛があった場合は、別料金でシェービングされる場合があります。 前処理の煩わしさを除けば、その他の部位と施術の手順はそれほど変わりません。 VIOライン脱毛の施術の手順は、Vラインの照射を行い、IラインとOラインの照射をセットで行うのが一般的です。特にIラインとOラインは照射が当たりにくい為、効果が表れるのに時間がかかる部位です。

脱毛したら12回で毛が無くなるの?

脱毛サロンに行って脱毛したら、12回くらいでムダ毛は全てなくなるのでしょうか?
それは人それぞれなのですが、脱毛サロンに毎月きちんと通えば、12回で8割くらいの毛がなくなるそうです。そもそもなぜ1回や2回の脱毛では効果が無いのかというと、普段体の表面に出ている毛というのは、全体の3分の1くらいしか無いからです。そのため、1回や2回の脱毛では全ての毛を脱毛することはできません。顔脱毛でも範囲は狭くても、身体の部位と変わらないくらいかかります。 毛には毛周期というのがあるので、毛周期のサイクルに合わせて脱毛する必要があるのです。一般的には12回もサロンに通えば自分で処理しなくてもいいくらい脱毛できるようです。だからより早く結果を出すためにも、サロンには定期的に通うようにしましょう。
脱毛サロンでは、サロンごとに6回10回12回16回18回などのコース選択ができます。では一般的に脱毛18回コースの場合だったら、どのくらいの金額になるのでしょうか?これはサロンによって異なってきますが、口コミで調査したところ、だいたい30万円くらいだそうです。毛が薄い方だったら10回も脱毛サロンに通えば脱毛効果を凄く実感できると思いますが、毛が濃い人の場合だったら後々コースを追加していくよりも、最初から脱毛コースを長めの18回にしておいた方がきんがく的には安く済む場合があるので、ぜひそのようにしてください。 好きなデザインの洋服を着るためには、そうやって時間をかけて全身をケアするのも大切になってきます。ぜひ頑張ってサロンに通ってください。